花粉症は事前に対策することが必要

花粉症シーズンが近づくと憂鬱になってしまう人も多い現代ですが、実は花粉症で憂鬱になる人の多くは「事前対策をしていない」という人です。
症状が出てから「今年も花粉症が始まった」と考えて耳鼻科に通ったり、市販の薬を使ったりといった対策を始める人が非常に多いのです。
ですが花粉症の症状は、くしゃみや鼻水といったような自覚症状が出るよりも先に事前対策を行っていくことが非常に重要です。
ではその事前対策としてはどういったことが挙げられるのかというと、最も簡単かつ効果的な対策になってくるのが薬を使ったものです。
最も多く使用されるものであれば抗アレルギー薬がありますが、この抗アレルギー薬は肥満細胞からロイコトリエンやヒスタミンといったような刺激物質が分泌されるのを妨げ、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどに代表されるアレルギー症状を抑えてくれる効果が期待できます。
ただこのタイプの薬最大の短所となるのが効果が出るまでにタイムラグがあることで、飲み始めてから2週間ほど経たないと十分な効果が期待できないのです。
そのため事前対策として早めに使用を始め、花粉症が本格化するころまでに薬の効果がしっかり出る体にしておくことが重要になります。
また抗アレルギー薬を用いたもの以外だと、抗ヒスタミン薬や抗ロイコトリエン薬といったような選択肢もあります。
抗ヒスタミン薬は効果が早い段階で出るものの鼻づまりには効果が薄い、抗ロイコトリエン薬には目のかゆみへの効果が薄いというような短所がありますが、抗アレルギー薬よりは早く効果を実感することができるでしょう。
花粉症シーズンに入ってからの効果的な対策としてはレーザー治療などがありますが、費用負担が大きいためにそこまでの治療をするということになると迷ってしまう人も多くいます。
費用負担を軽くし、効果を実感するにはやはり事前の対策こそが重要なのです。

花粉症を発症しないための食事

花粉症は花粉という異物に対して人の体が起こす免疫反応によって引き起こされる症状の総称です。
例えばくしゃみや鼻水は鼻などい入ってしまった花粉を外に排出するための反応ですし、涙は目に入った花粉を押しだすため、目のかゆみは目が炎症を起こすことによって自身の組織を守ろうとする反応です。
しかしこうした花粉症に対するアレルギー反応は、本来であれば発生しなくて良いものなのです。
それでも花粉症の症状が出るということの背景には、「体が花粉という異物に対して異常に反応している」ということが原因です。
そしてその反応は、普段の食事を変えることで抑え込むことができるようにもなるのです。
ではその食事として効果的なものは何かというと、もっとも有名なのはヨーグルトでしょう。
ヨーグルトは便通を整える効果がある美容食品としてかねてより有名ですが、ヨーグルトに含まれるビフィズス菌は花粉症を抑えるのに効果があったという報告がされています。
一日あたり200グラムが目安となっていますから、花粉症を予防したい、症状を軽くしたいと言うのであれば毎日200グラムを食べるようにしたいところです。
ヨーグルトだけで摂取するよりも効果を高める方法として押さえておきたい食材となるのが野菜です。
野菜の中でも特に効果が大きいのがレンコンで、レンコンに含まれる成分には抗アレルギー作用が含まれています。
ある実験ではビフィズス菌とレンコン粉末を同時摂取してもらったところ、3カ月以内に81%の人に花粉症の緩和がみられたという報告がされていますから、花粉症が本格化する前から習慣づけて食べるようにしたい食材です。
このほかにもトマトジュースなどのトマト加工品やシソ、梅といったような食品にも症状を抑える効果があるとされていますから、花粉症がつらい人は是非試してみるようにしましょう。

花粉症の治療で効果のある薬とは?

花粉症の治療で効果のある薬というのは実はかなりあります。まずはステロイド薬といわれている薬があります。これは、炎症を抑える作用があるもので、アレルギー反応を抑えるようにすることで、花粉症の症状を緩和するものです。ステロイド薬は自分の体でも作られるものではあるのですが、それだけでは花粉症の症状を緩和できないので、それを補うために薬として外から補充して、より強力に炎症を抑えようとする薬です。さらには、ヒスタミン薬といったものもあります。これは市販の薬にも入っているもので、くしゃみや鼻水といった症状に効果が期待出来ます。ただ第一世代といわれているヒスタミン薬は脳の働きを緩慢にするといったことがあり、眠気を催すことになりますので、眠くなるのを避けたいときには、第二世代といわれている抗ヒスタミン薬を服用するといいかもしれません。眠くなるかどうかといったことは市販薬であれば、使用上の注意のところに記載があります。ただ、第二世代は効果が現れるまでに少し時間がかかるといったことはあるようです。また、第二世代の薬は他の病気との薬との飲み合わせが良くないといったケースが多いといったことがあります。ですから、服用する時には医師に相談するのがいいでしょう。
また、遊離抑制薬といったものもあり、花粉が舞う時期の初期の段階に使うものもあります。
他にもいろいろな薬があるのですが、それでも効果がないといったような時には、経口ステロイド薬といったものもあります。この薬はよく効く薬ではあるのですが、副作用があるので他の薬ではどうしても効果が見られないといった時に考えてみてはどうでしょう。短期間の使用であればこのようなものもあります。

■アレルギー対策にオススメの薬
花粉症の薬ランキングはこちら
■花粉症で一番効く薬はコレです
ザイザル

ページトップへ