市販薬でプラスミンを抑え花粉症の症状を和らげる

花粉症とは、花粉や稲や草などのアレルギー原因物質によって神経などが刺激され、炎症などして引き起こされるアレルギー反応です。
くしゃみや目のかゆみだけでなく、場合によっては微熱や咳や喉の痛みなど風邪によく似た症状が現れます。
花粉症の薬は、そのアレルギー反応によって引き起こされるプラスミンやヒスタミンの発生を抑えたり、炎症を緩和させる効き目があります。
花粉症の薬も、病院で処方される強いお薬から、最近ではスーパー、コンビニエンスストアやドラッグストアなどでも販売されている市販薬とは大きな違いがあります。
病院で処方されるお薬は、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤、効き目の強いステロイド剤などがあります。
一方で、街のドラッグストアで販売されている市販薬は一般用医薬品とも呼ばれ、ほとんどが抗ヒスタミン剤となっています。
即効性が強いため、外出先で症状がきつくなった時などに重宝されますが、反面で眠気に襲われるなど副作用の症状も現れます。
眠気などがきつくなると困る方は、抗ヒスタミンが成分に含まれているものは避けた方がいいでしょう。
抗ヒスタミン剤の他にも、抗炎症剤として抗プラスミン剤があります。
プラスミンは血液を溶かす物質で、抗プラスミン剤でプラスミンをおさえることで炎症が緩和され、のどの痛みや腫れがラクになる働きがあります。
最近は市販薬の鼻炎薬や風邪薬などにもこの成分が含まれていることが多いです。
花粉症の市販薬を使用するうえでの注意としては、前述の通り眠気が起こりやすくなるということ。
抗ヒスタミン薬など眠気が起こる薬を服用した時には自動車の運転は控え、またアルコールの摂取も眠気が増強される恐れがあるので注意をしてください。
花粉症は風邪などの症状にも似ていることから、風邪の疑いがあるときには専門家に相談するなどの対処が必要です。

ページトップへ