皮フ科で花粉症のアナフィラキシー症状を検査する

今や国民病となっている花粉症ですが、毎年皮フ科に通っている人も少なくないのではないでしょうか。
花粉症というのは、アレルギーの一種で、皮フ科でアレルギー検査をするとわかります。スギやヒノキなどの花粉によってアレルギー症状が出る花粉症は、特定の食べ物も花粉症のアレルギー物質に似ていることがあるので、摂取することで症状が悪化してしまうことがあります。
スギ花粉症の人は、「トマト」に注意しましょう。
スギ花粉にかかるとトマトアレルギーになるリスクがあります。それはスギ花粉に含まれるタンパク質と、トマトに含まれるタンパク質の構造が似ているために、体が花粉と同じだと勘違いするためにおこります。最初は口の中がかゆくなるなどの軽いものから始まり、しだいに発作や呼吸困難、意識の低下など生命の危機も及ぶこともあるので注意が必要です。
ただこういったアナフィラキシーショックは、生のトマトを食べた時におき、加熱されていたり、ジュースとして加工されているものでは問題ないと言われています。

そもそも花粉症は、花粉が体内に一度入り込むと、体内では花粉を異物として認識し、排除するためにくしゃみや鼻水などのアレルギー反応が起きますが、通常ならマスクやめがねなどで防御し、薬を服用すれば悪化を予防することは可能です。ただ中にはアナフィラキシーショックをお越し、呼吸困難や血圧低下などの重い症状を起こすこともあります。よく知られているのが蜂に刺されて起こすアナフィラキシーショックですが、それと同様の症状が起きることがあります。キク科やイネ科の植物の花粉で起こす例があるので、一度皮フ科でアレルギー検査をして調べてもらうとよいでしょう。

ページトップへ