花粉症に似た症状を持つ太陽アレルギーの対処法

春になると発症しやすいのが、花粉症ですが、太陽アレルギーもそのひとつです。冬が終わり、日差しが強くなり始める季節になると、太陽アレルギーは注意する必要があります。太陽アレルギーは紫外線アレルギーなどとも呼ばれ、場合によっては皮膚障害などの重い症状が出ることもあります。このアレルギーの症状には、ほかにも花粉症と似たようなものがあり、例えば目の充血や涙が出たり、目がごろごろする、などといったものがあります。また、発熱といった症状も出るため、花粉症だと勘違いしてしまう人もいます。そのため、自分が花粉症なのか太陽アレルギーなのかはきちんと医師などに診てもらい、診断してもらうことも大切です。この太陽アレルギーの対処法は、日差しに当たらないことが重要となります。そのため、日焼け止めを塗ったり、日傘を差すなどといった対処法が良いとされます。ほかにも、サングラスを掛けたり、長袖を着る、手袋やアームカバーなどをつけるといったことも重要な対処法となります。太陽アレルギーは、肌荒れや湿疹、かぶれやじんましん、腫れなどの症状が出ることあるため、病院でステロイド剤などを処方されることもあります。ただ、ステロイドは長期間使用すると一時的には治っても、また症状がぶり返すこともあるので、使用する際には十分な注意が必要となります。そのため、抗アレルギー薬やステロイドの入っていない塗り薬を使用するようにすると良いでしょう。紫外線を完全にシャットアウトするのは難しいとされますが、近年では様々なグッズが販売されているので、様々なものを利用してみることで症状を抑えることが出来ます。肌荒れや発疹が合った場合には、自己判断せずに医師などに診てもらうことも症状を悪化させないためにも必要なことだと言えます。

ページトップへ