花粉症等の鼻炎アレルギーには点眼薬が効果的

毎年春になると花粉症の症状に悩まされるという方は少なくないでしょう。鼻炎アレルギーをお持ちの方は自分の症状に合った受けることが大切です。
鼻炎アレルギーと一口に言っても種類があり、季節性のアレルギー性鼻炎と通年性のアレルギー性鼻炎に分けられます。花粉症の場合はスギ花粉が舞う時に発症する花粉症とスギ以外の花粉によって発症する花粉症があります。この場合はある程度原因がはっきりしているため、予防に努めたり適切な対策を実践することができるでしょう。
花粉による鼻炎アレルギーを抱えている方は、マスクを使用して鼻から吸い込む花粉の量を減らすことが大切です。マスクがないとダイレクトに吸い込んでしまうため、強い症状となって現れます。
外出先から帰宅したら、うがいをして鼻やのどの付着した花粉を取り除きます。うがいの習慣は花粉の時期だけでなく、一年を通して行うといいでしょう。インフルエンザが流行する時期には予防に繋がります。
外で着用していた衣服には花粉が付いている可能性が高いので、家に入る前に払ったり粘着テープが付いたローラーを使用して花粉を取りましょう。
花粉症の症状が悪化してくると、くしゃみや鼻水以外の症状も出てきます。目がかゆくなったり涙が出たりと、目に関する症状が気になるようになります。このような時は点眼薬を使って目のかゆみを抑えましょう。点眼薬はドラッグストアでも購入できますが、原因が花粉症と断定できない場合もあるので、念のため眼科を受診することをおすすめします。眼科医が診断すれば適切な点眼薬が処方されるので、安心して使用できます。使用法や使用回数については薬剤師から指導を受けて正しく使わなければなりません。

ページトップへ